尿路感染症①種類と症状

2018.12.04(火) 放送

尿は腎臓で作られ、腎盂(じんう)に集められた後、尿管を通ってぼうこうに溜まり、尿道から体外に排出される。この尿路に何らかの原因で細菌が住みついて増殖し、炎症を起こしたものが尿路感染症。子どもや赤ちゃんもかかる可能性があるが、それ以降は圧倒的に女性の感染が多いという。原因と種類、症状について医師に聞く。

※このページに掲載されている情報は放送日時点での情報です。